本文へスキップ

私たちは長野県下の農業者の集まりで、農業の活性化や地域づくりのために活動をし ています。安全で安心のできる新鮮な農産物を、消費者のみなさまにお届けしたいと思っています。

[事務局] 長野県長野市大字南長野字幅下692−2

電話 :(026) 235-7243

トピックTOPIC

長野県農業経営者協会40周年

40周年記念誌 発刊の言葉

会長写真

 昭和46年、農業者自らが担い手の育成を標榜し、県内の心ある先進的農業者が相集っ て長野県農業経営者協会を設立して以来、40年という節目を迎えました。
 この間、歴代会長を中心に農業の社会的・経済的地位の向上に努め、地域社会の 発展を期して活動をしてまいりました。
 ここにその足跡として「大地の賛歌(W)」を発刊するにあたり、今までの活動を 振り返って、その成果と反省を認識し、今後の方向性を見定める道標としての意義を 持ち得れば幸いです。
 昨年は、3月11日東日本大地震と大津波の発生。翌日の長野県北部地震など大きな 災害に見舞われました。そして、それに関連しての福島原発事故は、我が国のエネル ギー政策を根底から再考する事態ともなっています。
 また、TPP交渉など急激に迫り来る国際化への対応が否応なく求められていると ころです。今後の農業は、国内他業種との連携を強め、より付加価値の高い分野への 積極的な進出を図る必要があります。
 さて、平成23年11月15日・16日に開催された第14回全国農業担い手サミットin 長野では、多くの協会員は実行委員として中心的役割を担いました。皇太子殿下御臨席 のもと、全国から1,800人余の参集を得て、県下全域での交流を通して、明日の日本 農業を語り合えたことは、大変意義深く、我々にとって大きな自信と勇気になりまし た。
 こうした経験を踏まえながら、今後も会員が一丸となって長い歴史とともに育まれ てきた長野県農業経営者協会に新たな歴史を刻みつつ、長野県農業の振興に貢献でき ればと考えております。
 最後となりましたが、国・県をはじめ各団体・企業の不断の御理解、御支援に感謝 を申し上げますとともに、今後一層の御協力、御指導をお願い申し上げ発刊のことば といたします

長野県農業経営者協会 会長 伊藤 清人


長野県農業経営者協会40年の歩み(40周年記念誌より抜粋)

年 月 日 主    要    事    項
昭和46年3月 長野県農業経営者育成協会発足
48年1月 農家留学研修生受入農家経営主研究会を開催
49年10月 農業専門学園先進地農家留学研修事業10周年記念に学習図書(425,000円)を寄贈(募金者232名)
50年12月 県外長期農家留学生と農業専門学園生との研究会開催
52年2月 長野県農業経営者協会発足
農業経営者育成協会を改組し農業経営者協会(会員322名)を設立する。
綱領、規約の制定、顧問推載他。
11月 農業振興研究懇談会の開催
12月 主婦研修会の開催
54年6月 農業教育懇談会の開催
55年7月 中国農業研修生の受入指導
58年9月 農業経営士の認定
60年6月 先進的農業経営者懇談会の開催
62年9月 農業経営者協会15周年記念事業の実施
10月 関東ブロック農業士研究会の開催
平成2年12月 報道関係機関との懇談会の開催
3年10月 農業経営者協会20周年記念事業の実施
3月 農業経営者協会20周年記念誌「大地の賛歌(U)」を作成する。
3月 農協連合会役員等との懇談会を開催する。(出席者23名)
6年11月 県農政部部課長との懇談会を開催する。
8年1月 従来の「主婦研修会」を「女性フォーラム」と改称し開催する。
4月 農業生産用温室及び関連施設の建築基準見直しに関する陳情
9年6月 農業者三団体役員懇談会を開催
10年1月 農業経営者セミナーの開催
10年 新規就農者研修指導事業を実施
12年 地域において農業振興提言活動を行う。( 6 支部)
13年9月 各経営部門の中堅会員による座談会「長野県農業の将来像(これからの10年を見据えて)」を開催する。
11月 「農業経営者と県農政関係各課等との農業を語る会」を開催
14年1月 農業経営者協会30周年記念事業の実施
15年2 月 県農政部(参加者14名)及びJA全農長野県本部(参加者27名)とそれぞれ懇談会を開催
10月 東京都千代田区 日比谷シティで開催された「まるごと長野県」に参加
16年11月 関東ブロック農業士研究会を開催
17年6月 長野県農業振興に関する提言を県に対して実施
18年1月 長野県北部の豪雪に対して二日間にわたり支援活動を実施(参加者延べ33名)
新規参入者のほ場巡回の実施
 新規就農里親支援事業の里親農家が一堂に会して、新規参入者のほ場巡回を行う。
11月 長野県知事と長野県農政を語る会の開催
19年2月 海外農業調査の実施
7 月 新潟県中越沖地震( 7 月16日発生)により被災を受けた会員の菌茸施設の復旧支援活動を実施(参加者17名)
20年9月 長野県知事との「長野県農業を語る会」及び県農政部課長との「長野県農業を元気にする会」の開催
21年2月 JA全農長野県本部幹部との意見交換会の開催
2月 海外農業調査の実施
9月 「足腰の強い長野県農業を目指して」をテーマに「長野県農業を語る知事とのつどい」及び県農政部課長との「長野県農業を元気にする会」の開催
12月 農林水産省幹部と指導農業士等代表との意見交換会に出席
11月 「元気な長野県農業を考えよう」をテーマに「知事とのファーマーズ会議」及び県農政部課長との「長野県農業を元気にする会」の開催
23年2月 海外農業調査の実施
3月 月東北地方太平洋沖地震及び長野県北部地震に伴う被災地を応援する活動を展開
23年9月 栄村長に震災義援金350,000円を贈呈
10月 TPPに関する正しい知識と情報を得るために長野県農業士協会との共催により「TPPを考える学習会」を開催(参加者108名(会員61名))
10月 震災義援金として宮城県農業士会へ400,000円、福島県指導農業士会へ300,000円をそれぞれ送金
11月 「集まろう日本の屋根に 語ろう明日の農業を 〜アルプスに響け!夢ある農業〜」を大会テーマとした「第14回全国農業担い手サミットin 長野」が皇太子殿下ご隣席のもと開催される。

生産者のページ

産地 農産物・品名 生産者
東御市 水稲・他 荻原 慎一郎
飯田市 りんご・柿 松尾 新示
白馬村 水稲・畜産 武田 昭彦
東部町 水稲 永井 忠
安曇野市 りんご 中村 隆宣
中野市 りんご 清野 信之
小諸市 レタス・他 甘利 一夫
上田市 りんご 堀内 昭一
長和町 野菜・ソバ・他 小林 和夫
上田市 水稲・大豆・他 村山 耕一
上田市 ぶどう・他 鈴木 三千夫
東御市 ぶどう 渡邉 隆信
上田市 りんご他 永井 秀樹
中川村 りんご・もも・他 富永 和典
飯島町 水稲・大豆・他 紫芝 勉
飯島町 水稲・そば・他 小林 雄一
飯田市 えのき・水稲 沢柳 宗司
飯田市 梨・りんご・他 篠田 治
飯田市 りんご・梨・他 中山 均
松川町 りんご・梨・他 宮下 彰
白馬村 水稲・野菜・他 武田 昭彦
山ノ内町 りんご・他 齊藤 敬治
山ノ内町 乳牛・他 山本 正幸
山ノ内町 ぶなしめじ・他 小林 義広

会長挨拶

会長写真

  こんにちは 長野県農業経営者協会 会長の荻原慎一郎です
 当協会は長野県内に310余名の会員を擁する組織ですが、個々に多彩な農業生産のプロであり、農業経営者のプロ集団でもあります。....

続きを見る

トピック

現在、情報はありません

 

続きを見る